2008年06月23日

簡易保険料の前納割引率

 民間の生命保険等の前納割引については、先に紹介した所であるが、今回は郵便局の保険商品である簡易保険に関する前納割引について紹介する。

 簡易保険の場合は、月払いが原則であり、これを数ヶ月ないしは数年の単位で前納できる。 なお、前納による割引率は、オープンにされていて、例えば、平成20年4月1日以降の割引率は以下のようになっている。

 ●3ヶ月分前納  月額保険料の0.06ヶ月分   2%割引
 ●6ヶ月分前納        0.15ヶ月分
 ●1年分前納         0.35ヶ月分
 ●2年分前納         0.78ヶ月分
 ●3年分前納         1.30ヶ月分      
 ●5年分前納         2.64ヶ月分
 ●10年分前納         8.52ヶ月分  
 ●20年分前納        36.08ヶ月分  15%割引

 当然ながら前納の期間が長くなればなるほど、割引率も増していく構造になっている。3か月分の前納だと割引率は2%程度であるが、期間が2倍の6ヶ月になれば割引率は2.5%と高くなる。 最大20年で15%の割引率である。 これは民間の保険の倍程度であり、高い割引率といっていいだろう。

 この簡易保険であるが、郵政民営化に伴い、その運営は、郵便貯金・簡易生命保険管理機構に移されている。 また新たな販売も行っていない。

 割引率 ★★☆☆☆ 今時20年で15%割引は高い。

 
【関連する記事】
posted by bubu at 18:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 保険系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。